歯の写真撮影

歯医者さんで口にマウスピース状のものをはめて、口の中の写真を撮った経験のある人、いますよね。

レントゲンではなくて、大きなカメラで撮影する写真です。

できあがった写真をホワイトボードに挟んで、歯医者さんに詳しい説明を受けます。

口の中を撮影した写真には、自分の歯の治療痕や、歯石がたまっている箇所、歯茎がはれているならその部分などがはっきりと映り込んでいます。

レントゲンは歯からあごにかけての骨格部分が見えますが、写真はもう少しリアルに自分の口の中の状態が可視化されてしまいます。

上前津の歯医者さんも写真を撮影しておくと、患者さんの今後の治療を検討する際にも便利だということで、積極的に治療に取り入れているところが少なくありません。

上前津の歯医者さんの中には治療が終わるたびに撮影をして、カルテと一緒に保管しているという歯医者さんもあります。

歯科衛生士さんが規格写真を撮るカメラを扱うところもあります。

症状を記録するために一眼レフなどのカメラを使用している歯医者もあります。

歯の写真撮影は多くの歯医者さんが行っているものです。

歯の撮影をする際に、口に黒い蝶のような形の板を噛んで撮影することがあります。

これはコントラスターといって歯を白く浮かび上がらせて見やすくするために使います。

コントラスターを噛んでいると背景が黒く塗りつぶしたようになるので、歯の状態が見やすくなるためです。

前歯の治療では写真を撮影して記録として残すという際に、コントラスターが便利に使われています。

カテゴリー: 治療について パーマリンク