治療費の違いについて

上前津で歯医者にかかる場合、治療の内容によっては健康保険が適用になる場合と、健康保険適用外になる事があります。

一昔前までは歯を削り被せものをする場合、奥歯は保険の金属を使えるが、前歯保険が効かないと言われていました。

しかし今は金属も保険適用外のゴールドもありますし、前歯でも保険内で白い歯を被せる事ができます。

奥歯の場合は強度なども考えて金属にする事が多いのですが、希望すれば保険適用外ですが白いクラウンやブリッジも可能ですし、保険内の金属を使う事もできます。

健康保険適用内の金属でも十分に使えますが、耐久性や密着性を考えた時、保険適用外の素材にはメリットが多いのも事実です。

とはいえ健康保険が使えるのにわざわざ自費治療を選ぶ必要はありませんので、自分が希望する治療をしてもらえばいいのです。

上前津の歯医者でも、特に希望しなければ保険適用内で治療をしてもらえます。

歯は長く使うものですから、将来の事も考えて良い物を使いたいという場合は、希望すれば健康保険適用外の自費治療をしてもらえます。

白いセラミック治療や、インプラントは自費治療になりますが、高いからといって永久的に使えるという保証はなく、歯茎や骨の状態によっては希望しても対応できない事もあります。

ここは事前にレントゲンで確認する事ができますし、治療内容も歯科医と相談しながら決める事ができます。

一般歯科はほとんどが保険適用内ですが、審美歯科は自費治療になります。

カテゴリー: 上前津の歯医者の治療費は? パーマリンク