歯医者さんで使う麻酔

上前津の歯医者に限らず、どこの歯医者でも虫歯の治療をする時に麻酔を使う事があります。

必ず麻酔を使うとは限りませんが、虫歯治療は治療ユニットに座り、専用の器具で歯を削りますが、神経がある場合は痛みを感じる事があるため麻酔をします。

麻酔を打つ時の、針が刺さりチクっとするのが嫌だという人もたくさんいます。

麻酔が効いている間は口の感覚が麻痺するので、治療時の痛みはありませんが、治療後はうがいをする時に水をこぼしてしまったり、頬の内側を思い切り噛んでしまったりします。

その時は痛くなくても、麻酔が切れるに従ってズキズキと痛みが強くなるのも嫌なものです。

上前津の歯医者でも麻酔を使いますが、この場合は局所麻酔です。

針を刺す時の痛みを和らげるための、表面麻酔というのもありますので、痛がりの人や恐怖感が強い人、子供には表面麻酔を使ってから局所麻酔を打ちます。

針を刺す時の痛みは表面麻酔で対処できますが、麻酔液を注射する時の何とも言えない圧迫感は麻酔液を温めておく事である程度緩和できます。

上前津の歯医者でも麻酔が上手な先生がいますが、こういう先生のところでは、麻酔液を専用のウォーマーで温めて管理している事が多いです。

体温と同じくらいに温めておくと、痛みも緩和されると言われています。

以前は手動式でしたが、注入速度も痛みと関係してくるので、安定性のある機械式注射を採用する歯医者も増えています。

余裕があったら麻酔について話を聞いてみるのもいいかもしれません。

カテゴリー: 治療について パーマリンク